「食事療法」と「適度な運動療法」

高血圧と食事の関係(1)

高血圧と食事の関係について、ご一緒に考えていきましょう。

高血圧というと、生活習慣病の初期症状として、一つの注意の目安と考えられます。
生活習慣病には、高血圧症・糖尿病・高脂血しょうなど様々な症状があります。

これら生活習慣病の一番の原因は、ズバリ「食事」です。日々の食事習慣が、あなたの健康を左右するのです。

高血圧症候群の人の食事献立レシピを見てみると、栄養状態の偏った食事が目に付きます。ですから、高血圧でお悩みのほとんどの方(先天性高血圧を除く)は、食事療法で症状が改善されるといえます。

それでは、高血圧予防に良い食事、高血圧症治療・改善に効く食事メニューというのはどういった物なのでしょうか。
高血圧予防に効果のある食事というのには一定の法則があります。栄養バランス・調理方法など、ポイントや注意点も発信していきますね。

また、高血圧改善のもう一つの方法、「運動」についても考えていきましょう。

高血圧と食事の関係について、結論を最初に言っておきましょう。
高血圧症改善・予防には「食事療法」と「適度な運動療法」、この両輪が必須です。

高血圧と食事の関係が、いかに密接に関わっているかということがおわかりいただけたと思います。

あなた自身の、そして愛するご家族の”健康”は、あなたの作る食事にかかっているといっても過言ではないのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3839130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック